手入れや保管方法は正しく

印鑑イメージ

一般的に良い印鑑と言われているものは、印影がはっきりしていて読みやすく、耐久性の高い印鑑です。
人によって、値段の安い印鑑が良いとか、高級材料を用いた印鑑や開運風水にこだわった印鑑が良いとか、それぞれ考えが違いますが、そのどれも共通している良い印鑑の条件は、上記で述べたものになると思います。

印影となる文字がはっきりとしていて読みやすい印鑑としては、三文判があります。
しかし、三文判は機械により大量生産されたもので、同じ印影の印鑑が市場に多く出回っているという出来合いの印鑑なので、実印としては登録することができません。
実印として登録できる印鑑は、基本的に印影がはっきりとしていて判別しやすいものになります。
そのうえで、同一の印影のない印鑑が実印としてはふさわしいことになります。

それから、耐久性の高い印鑑の材質としては、象牙や柘植などが代表的です。
特に象牙は、手入れや保管を正しく行えば、半永久的に使用することができると言われているほど、その耐久性には絶対の信頼があります。
象牙と柘植、どちらの場合も、印鑑を使用した後は朱肉をしっかり拭き取って、乾燥の激しくないところで専用のケースに入れて保管するようにします。
象牙の場合は、水洗いをしても問題ないですが、洗い終わったら乾いた布でしっかりと水分を拭き取り、日陰干しすることが印鑑を長持ちさせる秘訣になります。

せっかく良い印鑑を作っても、手入れや保管方法が正しくないと長く使用することができなくなります。
特に実印の場合は、印鑑を落としたりぶつけたりして欠けさせてしまったら、その印鑑を実印として登録しておくことができなくなります。
その場合、実印の変更手続きをしなければならなくなるので、手入れや保管には十分注意したほうが良さそうです。

PR 便利サイトのご紹介

印鑑登録の仕方や印鑑証明の取り方、その他お役立ち情報満載!
はんこの情報サイトです。
http://www.easy888.co.jp/

ページの先頭へ