万が一に備えて

印鑑イメージ

印鑑文化が根付いている日本においては、印鑑はとても重要なものです。
さまざまな契約書や重要書類には、必ずと言っていいほど印鑑を捺印する箇所があります。
印鑑を捺印することで、その契約書や重要書類を本人が確認して承諾したという証拠になります。

このようにとても大事な印鑑ですが、どんなに慎重に注意深く管理をしても、管理をするのが人間である以上、印鑑を紛失してしまったり、もしかしたら盗難に遭ってしまうこともあるかもしれません。
そのような万が一の場合に、どのように対処すればいいのかあらかじめ頭に入れておいたほうがいいと思います。
印鑑をなくしてしまったときは、警察に相談することよりもまず、印鑑の法的効力を失わせることが先決です。

すぐさま市町村役場や区役所、あるいは登記所に、印鑑を紛失した、または盗難に遭った旨を伝え、その後に改印届を提出します。
銀行印の場合にも、まずは印鑑の法的効力を失わせて、なくした印鑑による銀行取引などが行われないようにしなければいけません。
そして、その印鑑が使われた形跡があれば、すぐに知らせてもらうようにします。
また、所轄の警察署にも印鑑の紛失届や盗難届を提出します。

それから、会社代表印や会社銀行印、角印など、会社で使用している印鑑を紛失したり盗難に遭った場合は、上記の対応に加えて、取り引きを行っている会社やお得意先にもその旨を伝え、会社名義の重要書類などを偽装されないようにしなければいけません。
以上のような万が一の場合を考えて、印鑑の印影を偽造や複製がされにくいように多少複雑なものにしておくことも予防策になると思います。

〔おすすめサイトピックアップ!〕

業界では群を抜く高品質な印鑑をご提供!
最短即日出荷対応!確かな技術でハイクオリティな商品をお約束いたします
最高級の印鑑を安心価格で

ページの先頭へ