実印の管理方法

実印イメージ

日本において重要性が非常に高い印鑑。
中でも市町村役場や区役所に登録されている実印は、その位置づけからも特に重要な印鑑であるといえます。
だからこそ、しっかりとした管理が必要です。
実印と共に重要なのは印鑑証明書で、実印と印鑑証明書は基本的に2つそろって意味があるものになります。

ですが、2つ一緒に保管することはセキュリティ面を考えたら避けたほうが良いです。
実印と印鑑証明書は別々に保管するということが、まずは基本の管理方法になります。
印鑑証明書は必要になったときしか取らないというのも有効な方法です。
印鑑を登録申請すると、「印鑑登録証」というカードが交付されます。
この「印鑑登録証」があれば、印鑑を持っていなくても印鑑証明書を発行することができるので、実印と一緒にしないのはもちろんのこと、免許証や保険証など、本人の住所と氏名が分かってしまうものとは一緒にしないことが大事です。
最も安全な方法としては、実印は銀行の貸金庫などに預けるのが理想ですが、現実問題、そこまでできないという人のほうが多いと思います。
ですから、上記で述べたような管理方法が最低限必要になってくるのです。

それから、もう1つ大切なことは、実印や印鑑証明書を自分以外の他人に預けないことです。
家族であっても、実印と印鑑証明書は預けないほうが無難です。
実印は自分の意思を表すものなので、実印を他人に預けるということは自分自身を他人に預けるということに匹敵します。
実印を預かった人が実印を紛失してしまうことも考えられますし、誰かにだまされて盗難事件にまで発展してしまったケースも少なくありません。
実印は、責任を持って本人が正しく管理しましょう。

ページの先頭へ